製法特許 5241064号 / 第5246990号 取得 間引き竹や米ぬか、もみがら等の有機残渣から抽出した 天然成分100%の植物活力剤 リアルソイルリキッド

 

わっさんの野菜図鑑

わっさんの野菜図鑑 果菜類

リアルソイルハウスの自社農園で栽培している『わっさんの食いしん坊野菜』の一部をご紹介します。


◆果菜類:果実や種の部分を食べる野菜
こどもピーマン / 甘とう美人 / 島オクラ / なす / きゅうり / ズッキーニ / 金糸瓜 / 栗坊 / コリンキー / バターナッツ / プッチーニ /四角豆 / スナップエンドウ / そら豆 / さやいんげん


◆葉菜類:葉っぱや茎の部分を食べる野菜


◆根菜類:根っこや地下茎を食べる野菜



こどもピーマン

特徴
苦味が少なく、肉厚でジューシーなピーマン。
メキシコを代表する唐辛子『ハラペーニョ』由来ですが、
辛みもなく、成熟すると糖度が高まります。


食べ方
果肉が厚いので食感が良く、細切りにして炒めたり
とろっと煮びたしにしたりするのがオススメです。
また輪切りにした中にお肉を詰めて焼けば、
お子さんにぴったり、一口サイズの肉詰めになります。


わっさんの一言
通常のものより細根が少なめなので
バンブーリキッドで発根促進!
しっかりと根張りさせましょう。




甘とう美人 (あまとうびじん)

特徴
『万願寺とうがらし』の血を引く、甘とうがらし。
爽やかな風味、柔らかで歯切れの良い食感です。
比較的育てやすく、大ぶりな実が収穫できるので
家庭菜園での栽培にも向いています。


食べ方

さっと焼いてお醤油を垂らし、かつお節をかければ
シンプルでおいしい『甘とう美人の素焼き』に。
ちりめんじゃこと煮たり、挽肉と炒めたりするのも◎


わっさんの一言
家庭菜園でも質良く育ちます。
時々辛~い『あたり』があるのは
水不足などのストレスが原因かも。




島オクラ

特徴
沖縄で昔から栽培されている、別名『丸オクラ』。
断面が丸く、ほんのり甘みがあります。
通常の角オクラは収穫時期が遅れると硬くなりますが
島オクラは柔らかく、おいしく食べられます。


食べ方
収穫直後なら生でも食べられるほどの柔らかさなので、
さっと湯がいておひたし、刻んでサラダにどうぞ。
まるごと天ぷらにするのもオススメです。


わっさんの一言
草丈2mにもなる島オクラ。
採り遅れても、硬くなりにくいので
無精な方も栽培にチャレンジ!




ナス

特徴
日本では一般的な中長ナスをはじめ、丸なす、水茄子など
地域ごとに改良され、いろいろな種類が栽培されています。
皮の色は『ナスニン』というアントシアニン系の色素によるもので
抗酸化作用があり、眼精疲労などにも効くとされています。


食べ方
焼きナスや煮物など、加熱すればとろっと柔らかな食感に。
また油とも相性がよく、炒めものや揚げ物にも向きます。
調理前に塩を振る、軽く煮る、電子レンジで加熱するなどして
果肉組織の隙間を小さくすれば、油の吸いすぎを抑えられます。


わっさんの一言
ナスは根を広く深く伸ばすので
プランターや鉢は大きめのものを!
バンブーリキッドで根張りよく◎




きゅうり|わっさんの食いしん坊野菜

きゅうり

特徴
みずみずしく、利尿作用や体を冷やす効果のある夏野菜。
昔は熟した果実を食べており、『黄瓜』と名付けられました。
イボ有り品種なら、イボが固くとがっている方が新鮮です。


食べ方
サラダや酢の物、ピクルス、もろみ味噌をつけてパクリ!
豚肉や鶏肉とあわせて中華風に炒めたり、
冷たい煮物やスープにしたりするのもおすすめです。


わっさんの一言
はじめての栽培の方は
種から育てるよりも
病気に強い接ぎ木苗がおすすめ!




ズッキーニ|わっさんの食いしん坊野菜

ズッキーニ

特徴
ペポカボチャの一種で、金糸瓜やバターナッツとも仲間。
緑色や黄色の品種、丸い形の品種もあります。
開花期だけ味わえる花ズッキーニは贅沢な旬の味!


食べ方
油と相性が良く、炒め物や揚げ物に向きます。
定番はトマトや夏野菜と煮込んだラタトゥイユ。
薄くスライスして塩もみすれば、ナムルにも使えます。


わっさんの一言
雄花と雌花が別々なので
確実に実をつけたいなら
人工授粉がおすすめです。




金糸瓜(きんしうり)

特徴
茹でると果肉が細くほぐれる、別名『そうめんかぼちゃ』。
ほんのり甘みと香りがあり、シャキシャキ食感が楽しめます。
一般のかぼちゃと比べるとカロリーは半分程度。
海外では『スパゲッティ瓜』と呼び、パスタ代わりにするそうです。


食べ方
適当な大きさに輪切りし、水から茹で、沸騰してから20分。
茹であがったら流水にさらして、果肉をほぐしてください。
酢の物やおひたし、またはお好みのドレッシングでサラダに!
きくらげやゴマ油で和えた中華風の調理もオススメです。


わっさんの一言
暑さ寒さに強く、実つきも良いので
家庭菜園でも気軽にチャレンジ!
人口受粉は晴れた日の朝がベスト。

栽培カレンダー|リアルソイルファーム



栗坊|わっさんの食いしん坊野菜

栗坊(くりぼう)

特徴
名前の通り、甘くてホクホク!手のひらサイズのミニカボチャ。
レンジ加熱でも簡単に火が通るので、調理も便利。
天ぷらや煮物、スープやお菓子の材料にもピッタリです。


食べ方
ヘタ部分を切り取り、種をくり抜けば、まるごとカボチャの器に!
そこにカボチャサラダやグラタンを詰めてオーブンで焼けば、
パーティーにもピッタリなごちそうの出来上がりです。


わっさんの一言
ヘタの部分がコルク化して、
十分に完熟したら採り頃。
乾燥させれば長期保存も。

栽培カレンダー|リアルソイルファーム



コリンキー|わっさんの食いしん坊野菜

コリンキー

特徴
黄色くてコロンとした形がかわいい、生で食べられるカボチャ。
生のコリコリとした食感からその名がつけられたそう。
少し粉質ですが、クセがなく、あっさりとした味わいで、
キュウリなどの瓜類と同じような感覚で調理できます。


食べ方
皮ごと生で食べられるので、薄くスライスしてサラダが定番。
適当な大きさに切って、浅漬けやピクルスにしても◎
炒めものや揚げ物、天ぷらに挑戦するのも良いですね♪


わっさんの一言
じめじめ過湿は苦手です…。
水はけの悪い畑では、
高畝にして育てましょう。

栽培カレンダー|リアルソイルファーム



バターナッツ|わっさんの食いしん坊野菜

バターナッツ

特徴
ひょうたんのような形をした、小型のかぼちゃです。
バターのように濃厚で、ナッツのような風味が名前の由来。
カロテンを多く含み、果肉の色が濃いのも特徴です。


食べ方
滑らかで濃厚なバターナッツはポタージュスープが最適!
面白い形を活かして、縦に切ってグリル調理もおすすめ◎
ペースト状にすれば、お菓子作りにも活用できます。


わっさんの一言
日本かぼちゃの一種で、
開花から30日程度で
収穫できます。

栽培カレンダー|リアルソイルファーム



プッチーニ|わっさんの食いしん坊野菜

プッチーニ

特徴
可愛らしい色と形をした、手の平サイズのミニカボチャ。
さっぱりとした甘みがあり、粉質のホクホク食感。
貯蔵性にも優れているので、飾りとしても楽しめます。


食べ方
電子レンジで加熱するだけでもおいしいプッチーニ。
形を活かして、器のように使えば食卓もにぎやかに!
中にポテトサラダやグラタンなど、お好みで詰めましょう。


わっさんの一言
全体が色づいて、
オレンジ色の縞が
濃くなってきたら採り頃。

栽培カレンダー|リアルソイルファーム



四角豆|わっさんの食いしん坊野菜

四角豆(しかくまめ)


特徴
名前の通り、断面が四角く、特徴的なひだのある豆。
沖縄では、『うりずん豆』『シカクマーミ』と呼ばれています。
莢ごと食べるのが一般的ですが、豆や葉も食べられます。


食べ方
さっと茹でてサラダにすれば、歯触りの良さとほろ苦さが味わえます。
炒めるときは下茹でをしてから、お好みの材料とチャンプルーに!
薄く衣をつけてサクサクの天ぷらなど、揚げ物もおすすめです。


わっさんの一言
グリーンカーテンづくりにも
用いられている四角豆。
2m程度の支柱を立てて誘引を。




スナップエンドウ|わっさんの食いしん坊野菜

スナップエンドウ

特徴
『スナックエンドウ』とも呼ばれる、さやえんどうの一種。
パリッとした食感とみずみずしい甘みが特徴です。
栄養とうまみたっぷりで、お子さんのおやつにも最適◎


食べ方
さっと塩茹でして、サラダや晩酌のおつまみにどうぞ。
炒め物や煮物にするときは、火を通しすぎないようご注意を。
天ぷらやフリッターにすれば、サクサクパリパリ!


わっさんの一言
次々と実がなるので、
株を疲れさせないよう
こまめに収穫しましょう。




そら豆|わっさんの食いしん坊野菜

そら豆

特徴
空に向かって生ることからその名がついたそら豆。
カリウムやミネラルなど栄養をたっぷり含んでいます。
選ぶときは莢が鮮やかな緑色で、しっかり膨らんだものを。


食べ方
シンプルに塩茹で、もしくは莢のままグリルして熱々をどうぞ。
炒め物やスープ、ホクホクのそら豆ご飯もおすすめです。
小エビと一緒にかき揚げにすれば、彩りも鮮やかに!


わっさんの一言
上を向いて実っていくそら豆。
豆の重さで徐々に下を向き、
莢がつやつやしたら採り頃です。




インゲン|わっさんの食いしん坊野菜

さやいんげん

特徴
その昔、隠元禅師が日本に伝えたとされるインゲン。
ビタミンB1にミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいます。
選ぶときは濃い緑色で、凸凹が少なく、すっと細く長いものを。


食べ方
さっと茹でて、定番の胡麻和え、サラダ、おひたしに。
バターソテーにして、お肉の付け合せにもおすすめ。
さくっと天ぷらにしたり、くたくた煮物もおいしいですよ♪


わっさんの一言
いんげんは、大きく分けて
つるなし種とつるあり種があります。
栽培環境に合わせて選びましょう。


わっさんの野菜図鑑 葉菜類

自社農園リアルソイルファームで栽培している『わっさんの食いしん坊野菜』の一部をご紹介します。


◆果菜類:果実や種の部分を食べる野菜


◆葉菜類:葉っぱや茎の部分を食べる野菜
キャベツ / グリーンリーフ / モロヘイヤ / ミニ白菜 / 小松菜 / 水菜 / ほうれん草 / 芽キャベツ / 茎ブロッコリー / 玉ねぎ / アーリーレッド / コールラビ


◆根菜類:根っこや地下茎を食べる野菜


キャベツ|わっさんの食いしん坊野菜

キャベツ

特徴
柔らかで瑞々しい春系、玉がしっかり締まっている冬系、
育つ季節に合わせて、大きく二つに分けられるキャベツ。
ビタミンCや、胃腸に有効なキャベジンなどの成分を含んでいます。


食べ方
柔らかな春キャベツはサラダやおひたし、さっと炒めてどうぞ。
ギュッと巻いた冬キャベツは、寒さにあたると甘みが増します。
炒め物や煮込み料理、ザクザク刻んでお好み焼きにオススメ。


わっさんの一言
はじめて栽培するときは苗がおすすめ。
冷涼な気候を好むので、夏の終わり
もしくは秋頃に植え付けを。




グリーンリーフ|わっさんの食いしん坊野菜

グリーンリーフ

特徴
リーフレタスの一種。苦みはなく、生食に向きます。
ちりめんのような葉が特徴で、料理にボリューム感が出ます。
葉はやや肉厚で柔らか、パリッとした食感が味わえます。


食べ方
リーフサラダにしたり、お肉を巻いたり、料理の彩りに最適です。
たっぷり食べたいときにはベーコンや卵とスープにして。
小エビなどと一緒に中華炒めにしてもおいしいですよ◎


わっさんの一言
レタスのタネは発芽に光が必要なので、
覆土は薄くかけるのがポイントです。




モロヘイヤ|わっさんの食いしん坊野菜

モロヘイヤ

特徴
モロヘイヤとは、アラビア語で『王様の野菜』という意味で、
かつてエジプトの王様の病気を治したという伝承に由来します。
ビタミンやカルシウム、鉄、β-カロテンなど栄養豊富で
とろっとした粘りは血糖値の上昇を抑える効果もあります。


食べ方
葉、茎の柔らかい部分をさっと茹でて、おひたしや胡麻和えに。
お味噌汁など汁物に入れて、とろっとした食感を味わうのも◎
卵やベーコンと炒める、天ぷらにするなど油と合わせれば、
β-カロテンやビタミンAの吸収率がアップします。


わっさんの一言
あくやえぐみの元となるシュウ酸が
含まれているモロヘイヤには、
もみがらリキッドがオススメです!




ミニ白菜|わっさんの食いしん坊野菜

ミニ白菜

特徴
リアルソイルファームで育てているのは、ミニ白菜“プチヒリ”。
たけのこのように細長い形をした、手ごろな使い切りサイズです。
みずみずしく、甘みあり。歯切れがよく、煮崩れしにくいのも特徴。


食べ方
甘みがあり、煮崩れしにくいので、炒め物や煮物、鍋料理に最適!
豚肉と旨煮にしたり、餃子の餡にしたり、中華料理との相性よし。
歯触りを活かして、サラダやお漬物にするのもおすすめです。

わっさんの一言
密植栽培で使い切りサイズに、
株間を空けてやや大きめに、
お好きなサイズで栽培を◎




小松菜|わっさんの食いしん坊野菜

小松菜

特徴
東京・小松川で育てられていたのが、名前の由来という小松菜。
柔らかくクセの無い味、シャキシャキとした歯触りで使い良く、
特に関東では、冬の野菜として親しまれています。


食べ方
おひたしや炒め物、煮物、おみそ汁や鍋料理など幅広く使えます。
和食以外にも、バター炒めやクリーム煮など洋風にしたり、
ゴマ油と和えてナムルにしたり、中華炒めもオススメです。

わっさんの一言
暑さや寒さ、日陰にも強く
プランターで栽培可能。
栽培初心者にもおすすめです。




水菜|わっさんの食いしん坊野菜

水菜

特徴
シャキシャキとした食感とみずみずしさが特徴の水菜。
元々は京都で漬物菜として栽培され、『京菜』とも呼ばれます。
現在は、サラダ用に改良されたものも出回っています。


食べ方
浅漬けやおひたし、さっと炒め物に、油揚げと甘辛く煮るのも◎
新鮮で、葉の柔らかなものはそのままサラダでどうぞ。
おすすめは関西の定番、水菜をたっぷり入れた『はりはり鍋』。
鯨肉や豚肉などと合わせて、水菜のシャキシャキを味わいましょう。


わっさんの一言
プランターで栽培可能で

家庭菜園初心者にもおすすめ◎
冷涼な気候を好みます。




ほうれん草

特徴
ビタミンAや鉄分、葉酸を含む栄養たっぷりの野菜です。
結石の原因となるシュウ酸も含まれているので
調理する前はたっぷりの水で茹でこぼしてください。


食べ方
リアルソイルファームで育てているのは、葉の丸い西洋種。

葉に厚みがあるので炒めたり煮たりしても崩れにくく、

バターソテーやクリーム煮にするのがおすすめです。
もちろん胡麻和えやおひたし、白和えにもどうぞ!


わっさんの一言
冷涼な気候を好むので
種蒔きは秋がおすすめ。
寒さにあたって甘みも増します。




芽キャベツ

特徴
一株で50~60個も収穫できる、別名『子持ちキャベツ』。
縁起物として結婚式の料理に使われることもあるそうです。

小さくギュッと巻いた葉には、ビタミンCがたっぷり!
ほのかな苦みと甘み、独特の食感を味わえる野菜です。


食べ方
芯の部分に十字の切込みを入れ、軽く下茹でをして、
アクを抜いてからサラダや炒めもの、和え物にどうぞ!

シチューやグラタン、煮物にする場合は下茹で無しでOK。
薄く衣をつけた天ぷらやフライも食感が良く、美味しいです。


わっさんの一言
芽キャベツは家庭菜園向き!

暑さに弱く、寒さには強いので
13~15℃の時期に栽培を◎




茎ブロッコリー|わっさんの食いしん坊野菜

茎ブロッコリー

特徴
アスパラガスに似た甘みと柔らかな茎が特徴です。
通常のブロッコリーと同じく、ビタミンCなど栄養たっぷり!
小房に切り分ける手間がなく、便利に調理できますよ♪


食べ方
ベーコンなどと炒めてパスタの具に、スープやシチューに。
さっと茹でてサラダやおひたし、和え物にもどうぞ◎
天ぷらやフライなど揚げ物でも美味しくいただけます。


わっさんの一言
長期間 収穫できる優れもの◎
側花蕾が伸びてきたら、
蕾が緩む前に摘み取りましょう!




玉ねぎ|わっさんの食いしん坊野菜

玉ねぎ

特徴
初夏に出回る、瑞々しく辛みの少ない新たまねぎと
風干しされて通年出荷される、日持ちのよい黄玉ねぎがあります。
涙の原因となる硫化アリルは、血液をサラサラにしてくれます。


食べ方
どんな料理にも活用できる玉ねぎ。飴色に炒めれば甘みたっぷり。
新たまねぎはスライスサラダのほかにスープもオススメ!

小玉のものは、丸ごと煮たり焼いたりして形も楽しめます。


わっさんの一言
長期保存をするには、収穫後、
葉をつけたまま乾燥させて
風通しの良い日陰に吊るしましょう。




アーリーレッド|わっさんの食いしん坊野菜

アーリーレッド

特徴
赤玉ねぎ、紫玉ねぎと呼ばれるものの代表品種です。
辛み・刺激臭は少なく、甘みとみずみずしさがあります。
皮や中の薄皮も赤く色づき、料理の彩りにぴったり。
これは抗酸化作用もあるアントシアニンの色です。


食べ方
辛みがなく、甘くてみずみずしいアーリーレッドは
生のまま薄くスライスしてサラダがおすすめ。
マリネやピクルスなど、お酢との相性もよいですよ◎


わっさんの一言
収穫時期は葉っぱの部分が
萎れて、7~8割が倒れた頃。
これは玉が成熟した印です。

わっさんの野菜図鑑 根菜類

自社農園リアルソイルファームで栽培している『わっさんの食いしん坊野菜』の一部をご紹介します。


◆果菜類:果実や種の部分を食べる野菜


◆葉菜類:葉っぱや茎の部分を食べる野菜


◆根菜類:根っこや地下茎を食べる野菜
にんじん / あやめ雪 / ゆきわらし / ビタミン大根 / 三太郎大根 / はつか大根 / 里芋 / デジマ / キタアカリ / グラウンドペチカ(デストロイヤー) / 鳴門金時



わっさんの食いしん坊野菜|にんじん

にんじん

特徴
にんじんには、現在よく見かける中長でオレンジ色の西洋種と、
金時人参や朝鮮人参のような香りの強い東洋種があります。
『キャロット』はカロテンの語源でもあり、栄養価に優れています。
周年栽培されていますが、旬は甘みの増す秋から冬の頃です。


食べ方
カロテンを多く含むにんじんは、加熱調理で吸収率アップ!
かき揚げやきんぴら、バターソテー、煮物などに向きます。
葉っぱは、柔らかいものはサラダやおひたし、胡麻和えに。
硬いものは細かく刻んで、じゃこなどと炒めるのがオススメ。


わっさんの一言
冷涼な気温を好むので
夏に蒔いて、秋冬に収穫!が
特に育てやすいようです。




あやめ雪

特徴
紫と白のコントラストがきれいな小カブ。
きめ細やかな肉質でほんのり甘みもあります。
生食に向いていて、浅漬けや甘酢漬けにすると、
全体がほんのりピンク色に染まります。


選び方
丸く、実が締まっているものを選びましょう。
葉のみずみずしさや色鮮やかさもポイントです。
葉付きのままだと水分が蒸発してしまうので
保存するときは葉と実を切り分けてください。


わっさんの一言
あやめ雪におすすめなのが
バンブーリキッド米ぬかリキッド
根の吸水力をあげて、みずみずしく◎




ゆきわらし|わっさんの食いしん坊野菜

ゆきわらし

特徴
ゆきんこみたいな真っ白すべすべの小カブ。
柔らかな肉質でみずみずしく、甘みがあります。
食感もよく、サラダや浅漬け、ピクルスなど生食にも向きます。


食べ方  ⇒ レシピページへ

カブの葉=春の七草のひとつ、『スズナ』もおいしく食べましょう。
お漬物にしたり、葉付きのままスライスしてソテーにしたり……。
果肉は煮崩れしにくいので、お出汁などで柔らかく煮ても◎


わっさんの一言
バンブーリキッド米ぬかリキッド
吸水力アップ!みずみずしいカブに。




ビタミン大根

特徴
その名の通り、ビタミンたっぷり!中国が原産で、別名『青長大根』。
地表に出ている部分は、皮だけでなく中まで淡い緑色をしています。
パリッとした食感と甘味のある品種で、サラダなどの生食に向きます。
また根を深く下ろさないので、使いきりにちょうどいいサイズに。


食べ方
通常の大根と同じく、葉に近い部分はみずみずしいので生食に、
根っこ側は辛みが強く繊維も多いので、漬物やきんぴらに向きます。
大根おろしはお好きな部位で!全体が鮮やかな緑色になります。
葉っぱや皮も刻んで漬物や炒めものにすれば、無駄なく食べられます◎


わっさんの一言

大根の栽培にはバンブーリキッド
米ぬかリキッドがオススメ!
みずみずしく、程よい甘さに◎




三太郎大根|わっさんの食い新王野菜

三太郎大根

特徴
20~30cm程度の、通常の大根よりも短めの短形大根。
春、秋、冬と三季採りできるので、家庭菜園にもおすすめ。
きめ細かな肉質で煮崩れしにくく、煮物に適しています。


食べ方
ふろふき大根やおでん、コンソメ煮などの煮物にぴったり!
味がしみ込みやすいので、あっさりとした味付けで。
もちろん生でサラダにしたり、おろしにしたりしても◎

わっさんの一言

プランター栽培にも向きます。
バンブー米ぬかリキッド
みずみずしく育てましょう。




はつか大根

特徴
名前の通り、二十日から一か月程度で収穫できる優れもの。
ヨーロッパが原産で、『ラディッシュ』とも呼ばれています。
日本では赤く丸い形のものが多くみられますが、
白や黄色、細長いものなど様々な種類があります。


食べ方
生食では爽やかな辛みが、焼くとほのかな甘みが味わえます。
サラダや浅漬けはもちろん、煮物、炒めものにもどうぞ。
葉っぱをつけたまま、縦半分に切ってバターソテーも◎


わっさんの一言
収穫までの期間が短いので
ベランダガーデニングや
プランター菜園にも最適!




里芋|わっさんの食いしん坊野菜

里芋

特徴
山で採れる芋(山芋)に対して、里で作られるのが名前の由来。
ほくほくねっとり、ほんのり甘い里芋は、体にも嬉しい野菜です。
独特のぬめりはムチン、ガラクタンという成分によるもので
胃の粘膜を潤し、消化吸収を促して、免疫力を上げてくれます。


食べ方  ⇒ レシピページへ
乾燥に弱いので、選ぶときは泥付きか皮がしっとりとしているものを。
定番の煮っころがしはもちろん、軽くつぶしてコロッケにどうぞ。
ほっこりと蒸して、塩や味噌だれで食べるのもオススメです。


わっさんの一言
里芋は10~11月が収穫時。

高温多湿を好むので、
ワラを敷いて乾燥予防を!




出島|わっさんの食いしん坊野菜

デジマ

特徴
長崎で育成されたことから、『デジマ』と名付けられたじゃがいも。
暖地栽培のじゃがいもの中では特に食味がよく、ホクホク食感。
煮崩れもしにくく、新じゃがではムチッとした食感が味わえます。


食べ方
定番の肉じゃが、ポテトサラダ、コロッケ、フライドポテトはもちろん
千切りにしてお肉と炒めたり、すりおろして『いももち』にどうぞ!
新じゃがは特に皮が薄いので、そのまま揚げ煮にするのもオススメ。


わっさんの一言
春と秋、二期作用の品種。

霜や高温に弱いので、
植え付け時期には注意!




キタアカリ|わっさんの食いしん坊野菜

キタアカリ

特徴
男爵薯から品種改良された、ホクホクとした食感のジャガイモ。
他のジャガイモと比べてビタミンCが豊富で、ほのかな甘み有り。
果肉の色や甘みから、「黄金男爵」「栗じゃが」とも呼ばれます。


食べ方
粉質のホクホク系ジャガイモなので、コロッケやポテトサラダ、
ジャガバタ―や粉吹き芋、マッシュポテトなどがおすすめです。
煮崩れしやすいので、煮物の場合は加熱時間にご注意を!


わっさんの一言
ジャガイモはナス科なので、
連作は避けましょう。
植え付けは涼しい時期に。




グラウンドペチカ(デストロイヤー)|わっさんの食いしん坊野菜

グラウンドペチカ(デストロイヤー)

特徴
赤と紫の皮が覆面レスラーのように見えることから
“デストロイヤー”とも呼ばれる、ホクホク系のジャガイモ。
果肉は黄色で、加熱するとしっとり甘くなります。


食べ方
彩りの良さを活かすため、皮ごと揚げてフレンチフライに。
味がしみ込みやすく、煮崩れもしにくいので
カレーやシチュー、肉じゃがなどの煮物にも向きます。


わっさんの一言
タネイモを選ぶときは
実が充実していて、芽が
少し伸びかけているものを◎




鳴門金時(なるときんとき)

特徴
徳島県で栽培されてきたサツマイモの品種。
徳島県の一部地域で栽培・出荷したものに限り、
『なると金時』という名称でブランド化されています。
ホクホクとした食感と優しい甘さが特徴です。


食べ方  ⇒ レシピページへ
お芋のデンプンが糖に変わる内部温度は65~75℃。
焼き芋やふかし芋にする場合は、一気に加熱!ではなく
じっくり温度を上げながら焼くのが美味しさの秘訣です。
ビタミンCが少なめの乳製品や鶏肉との相性も◎


わっさんの一言
暑さや乾燥に強いサツマイモ。
通気性と水はけのよい土壌で
大きく育てましょう!


わっさんの食いしん坊野菜|販売店&イベント情報

インスタグラム

和らぎ農法って?

リアルソイルリキッド チャート診断

わっさんの食いしん坊レシピ

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日

和らぎ社会のクリエーター 株式会社ワダケン

リアルソイルキッチン菜園日記

ワダケン社長ブログ 社長はつらいよ

ページトップへ